IT・Web向け実践英語

最もタフで最も効果的な英語学習

使いたい時に使いたい言葉が出てこないのは、
アウトプットの絶対量が足りないから。

①と②を飛ばしたインプットだけの学習では、使いたい時に言いたい言葉が出てきません。

大事なのは②の、頭に?を生じさせることです。
そのために①のような、アウトプットの機会が大事なのです。

忙しいあなたでも英語が身につく3つの理由

実際の利用の流れ

IT・Web業界の実践的な英語表現に加え、
現地での振る舞い方も学べる教材。

試験のためではなく、実践にフォーカスした教材です。
アメリカ西海岸のTech企業で働くネイティブ・スピーカーが教材を監修。教材のシチュエーションもリアルに近付け、興味を持って取り組むことが出来ます。教材の中では、例えばLinkedInの交換のタイミングやミートアップでの声のかけ方など、向こうでの振る舞いや習慣も学べます。

英語が出来ない?
それはアウトプットしてないから

筆記試験だけで運転が出来るようにならない、実際にコードを書かずにプログラミングが出来るようにはならない、
等と同じようにインプットだけでは英語はできるようになりません。
今までインプットは十分すぎるほどして来たと思います。
アウトプットすることによって、今までインプットしたものを実際に使える自分の武器に出来るのです。
毎日積み重ねることで、自分の中で使える表現のストックが確実に増えてきます。

授業予約必要なし。
まとめて提出可能。

面倒な予約は必要ありません。
忙しくて課題が提出出来ない日があっても、その週のうちならまとめて提出可能です。
その日の分を見逃して自己嫌悪に陥ることも、レッスン1回分を損してしまった… ということもなく、精神的にも金銭的にも優しいです。移動中の空き時間を効率よく使えるように、学習はスマホアプリで完結。PCでも利用できるのでお仕事の空き時間に課題を提出することもできます。

その他の便利な機能

料金

コーヒー1杯分のお値段で、英語学習を続けましょう。

1日あたり約400円

英会話スクールとの違い

HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)
英会話スクール
HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)
英会話スクール
メリット
英語習得に必要なアウトプットの練習を毎日行なう。予約不要でアプリ上でできる。
アメリカ人講師が多い。質の担保やモチベーションコントロールの実績があるところが多い。
デメリット
テキストの内容から、IT業界以外の方には不向き
通うのが大変、高い、時間の絶対数が足りない。
予約
場所
復習
テキスト
先生
アメリカ人講師
アメリカ人講師/日本人講師
料金
1問あたり 約400円
9,800円/月
20,000円~/月
HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)
英会話スクール
メリット
英語習得に必要なアウトプットの練習を毎日行なう。予約不要でアプリ上でできる。
アメリカ人講師が多い。質の担保やモチベーションコントロールの実績があるところが多い。
デメリット
テキストの内容から、IT業界以外の方には不向き
通うのが大変、高い、時間の絶対数が足りない。
予約
必要なし
必要
場所
アプリでいつでもどこでも。文の添削なら電車内でも可能。
通う必要がある
復習
データ化されているので、何度でも文と音声を確認可能
紙のテキストが多く、デジタルデータ化されてないことが多い。
テキスト
IT分野の実用的な英語に特化
色々なコースから選べる
先生

アメリカ人講師

アメリカ人講師/日本人講師

料金
1問あたり 約400円
9,800円/月
20,000円~/月

HiNative Trekのある英語学習

HiNative Trekでスタートアップ英語を学び、現場に実践する利用者の声を掲載しています。
是非、あなたにあった英語学習を選ぶ参考にしてみてください。

掲載メディア

よくあるご質問

HiNative Trekとは?

HiNative Trekは、HiNativeのアプリやウェブサイトからアクセスできる英語学習サービスです。このサービスは、英語学習者が実用的な英語をアウトプットする能力を向上できるように設計されています。生徒は毎日の課題を受け取り、英語の作文や会話を練習できます。先生は生徒が提出した文章と発音について個別のフィードバックを提供します。現在、1つのビジネスコースと2つのITコースを提供しています。 3つのコースは全て1年間のコースで、年額と月額の2つのプランから支払い方法をお選びいただけます。詳細は各コース紹介ページをご参照ください。

HiNativeとHiNative Trekの違いは?

HiNativeは、他の言語や文化について学習できるQ&Aプラットフォームです。学習している言語や興味のある文化ついて質問し、それらの言語のネイティブスピーカーから回答を受け取けとることができます。HiNativeTrekは、HiNativeプラットフォーム内の英語学習サービスです。Trek受講者はHiNativeにログインし、課題にアクセスします。他のHiNativeユーザーではなく、アメリカ人英語ネイティブ講師が課題の添削、フィードバックをします。HiNativeには無料と有料のサービスがありますが、 HiNative Trekは有料購読サービスです。

Trekと他の英語学習サービスとの違いは?

英語を勉強したいけど、どんな方法で?と悩むことが多いでしょう。従来の英会話スクールではプロの講師と直接会話できますが、忙しいスケジュールを調整し通うことは難しい場合があります。また、多くの通信言語学習サービスはプロの講師からのフィードバックはありません。 HiNative Trekはどちらのメリットも提供します。生徒はいつでもどこでも課題を提出でき、アメリカ企業で働いた経験のある英語ネイティブ講師から個別のフィードバックを受け取ることができます。

コースのレベルは?

辞書等の助けを借りて英語記事を読むことはできるが、 いざカンファレンス等で英語を話そうとすると、言いたいことが出てこないような方が対象です。
実生活でアウトプットできるようになることが目的なので、課題は辞書を使って取り組むことをおすすめします。毎日の課題をあなたの英語の知識を活用するチャンスとしてご利用ください。

いつからスタートですか?

お申し込み日(決済完了後)から課題が配信されます。
お申し込み日が土日の場合は、次の月曜日から課題が配信されます。

これだけで英語が完璧になりますか?

なりません。
多くの方々がなかなか英語が話せるようにならないのは、アウトプットの機会がわずかであることが第一にあると私達は考えます。このコースでは、効率良く英語表現を考えて文章を作成し、アウトプットすることにより、実生活で英語が自然と口から出てくる状態を目指しています。
ビジネスコースでは、アウトプット中心に、文章の直訳や暗記ではなく文法や表現を実践英語で活かせるよう学びます。IT1、IT2コースではさらに翻訳を重点を置いて学びます。

Trekは楽して学べますか?

このサービスの対象は、学習には努力が必要と理解している方々となります。
楽して学ぶことはできませんが、効率的で確実に上達する方法を提供してまいります。海外に住んで実際にアウトプットする機会が少ない方々向けにHiNative Trekがお手伝いいたします。

対応ブラウザは何でしょうか?

パソコンからはGoogle Chromeをご利用ください。(最新版のみ動作確認済み)Google Chrome以外だと音声の録音ができません。

スマホでさくさく勉強

いつまでに回答がきますか?

課題が配信された当日の13時までに提出した場合は、18時までに回答いたします。 また、月〜木曜日で13時以降の提出は、24時間以内に回答、金曜日の13時以降の提出は、翌月曜日に回答いたします。課題配信日の翌日以降に提出の場合は、提出日の曜日により回答までの時間が異なります。月〜水曜日は48時間以内、木〜日曜日は翌週中に回答いたします。詳しくはTrek添削ポリシーをご参照ください。
すべての時刻と日付は、日本標準時(JST)(UTC + 09:00)に基づいています。

先生は固定ですか?

はい。基本的に1年間は固定です。ただし、先生の都合により別の先生が回答することもあります。また、ご希望に応じて担当の先生を変更も可能です。

ITとIT Part2の違いを教えてください。

ITコースではその名の通り、IT業界に特化したビジネス英語の基礎を学ぶことができます。

IT Part2では、ITコースで学んだ基礎を活かし、より専門性の高い分野、またサービスや組織運営などのシチュエーションを舞台とした、上級者向けの英語表現を学ぶことができます。

現在受講している教材内容に不満があるので、違うコースに変えたいです。

可能です。しかし、コース変更をご希望の場合、HiNative設定ページよりHiNative Trekを選択し、現在のコースを解約後、課題配信が終了してから再度ご希望のコースにご登録いただく必要があります。

ITとIT Part 2を両方受講することはできますか?

できません。HiNative Trekをご利用されたい方はどちらか一方のコースを選択する必要があります。

Trekの課題にアクセスできません。どうしたら良いですか?

HiNative Trekでご利用されていたHiNativeアカウントのユーザー名と登録メールアドレスを添付の上、サポートデスクまでご連絡ください。

HiNative Trekにはどのようなコースがありますか?

IT系ビジネス英語の基礎を学べる「IT」とより上級者向けのビジネス英語を学べる「IT Part2」の2種類があります。
それぞれのレベルに合わせて、ご自分にあったコースをお選び下さい。
また、それぞれのコースについての詳細は各教材ページをご確認下さい。

HiNative Trekを解約した場合、いつまで課題が配信されますか?

HiNative Trekを解約手続きしても登録期間が終了するまでは引き続き課題を受けとることができます。また、HiNativeアカウントを完全に削除しないかぎり、過去の課題や回答などご自身のアカウントデータを見ることが可能です。未提出の課題に関しては、Trek退会後、月額プランをご利用の場合は30日以内、年額プランをご利用の場合は90日以内の提出であれば添削指導、並びに先生への質問に対する回答を受け取れます。

先生に日本語で質問することはできますか?

特に日本語で質問してはいけないというルールはございませんが、先生が質問内容を理解できない場合もありますのでご了承ください。

HiNativeのアカウントを持ってなくてもHiNative Trekを使えますか?

HiNative Trek登録時に自動でHiNativeアカウントが作成されます。

登録して使った後に思ったサービスと違う場合、返金してもうらうことはできますか?

申し訳ございません。返金はいたしかねます。

年額プランの場合、毎月支払うよりどのぐらいお得ですか?

月額プランと比較すると、およそ17%オフ。ひと月あたりおよそ1,630円お得、1年だとおよそ19,600円(2ヶ月分) ものお得になります。

年額プランの場合、自動更新ですか?

現在選択しているコースにより異なります。
1)IT1コースの場合:IT2コースへ自動更新されます。
(翌年のお申込した月日の前日(更新日の前日)までにご解約いただくと、IT2サービスの提供、ならびに請求は行いません。)
2)ビジネスコース/IT2コースの場合:自動更新ではありません。1年経過後に自動で解約になります。
(アカウントは残ったまま課金のみ終了します。アカウントを削除されるまではご自分の添削データなどへは半永久的にアクセスが可能です。)

年額プランの場合、次の1年の自動更新の解除はいつまでにすればいいですか?

IT1コースの受講者のみ、IT2コースへ自動更新されます。
ただし、翌年のお申込した月日の前日(更新日の前日)までにご解約いただくと、IT2コースのサービス、ならびに請求は行いません。

途中で、年額プランを月額プランに変更できますか?

いいえ。大変申し訳ありませんが、途中で変更することはできません。

年額プランを途中で解約したらどうなりますか?

途中解約すること自体は可能です。しかしながら、残日数に応じての差額返金はできかねますのでご了承ください。また登録期間の終了まで課題は配信されます。

続きを見る